車買い替え

車買い換えガイド

車を買い替える際に高値で車を売る方法とは

車を買い替えるなら、高値で車を売りたいと思うものです。

 

買取金額は中古車買取業者によって違うので、
まずはどこの業者が一番高く買取ってくれるか調べましょう。

 

方法としては、無料一括査定サイトを利用するのがオススメです。
複数の買取業者に対し、一度の査定依頼でまとめて頼めるので、
面倒がないです。

 

店舗を一つずつ訪ねる必要もないですし、
査定を出してもらった業者同士を競合させ、
買取金額をより高くすることも可能です。

 

車を買い替える際は、必ず一括査定サイトなどで、
複数の業者から見積を取りましょう。

 

買取相場というものがありますので、車の最低限の価値を知り、
業者に足元を見られないようにするのです。

 

高値で売るには、自分の考えている金額を言わないことも重要です。

 

もしも相場を知らず、買取希望金額を業者に伝え、
それが買取相場より下回っていたら、どうなるでしょう?

 

買取業者にとっては、良い中古車を安く仕入れることができ、
中古車のオーナーは本当の価値で車を売れずに損をしてしまう結果が待っています。

 

このような事態を避けるためにも、インターネットを活用し、
車の買取相場を調べておくことが、買い替えの資金づくりに役立ちます。

車の買い替えに必要な書類

車の買い替えに必要な書類は、車の売却と購入に必要な書類をそろえることになります。

 

まず、車の売却に必要な書類からチェックしていきましょう。
自動車検査証(車検証)、自賠責保険納入証明書、自動車税納税証明書、印鑑証明書・実印、
これらは絶対にいる書類ですので、忘れないようにしましょう。

 

買い換えで車を売却せず、誰かに譲る場合は、
譲渡証明書や委任状が必要書類に加えられます。

 

さらに、車検証と印鑑証明書に記載されている住所が一致しない場合は、
住民票が必要になることもあります。

 

車検証に記載されている所有者がローン会社だったならば、
所有権解除書類も用意しなければなりません。

 

ローン会社に連絡して書類を確認しましょう。

 

次に、車の買い替え、購入に必要な書類です。
車を購入する時には、名義変更手続きもします。

 

車検証、自賠責保険納入証明書、地蔵者税納税証明書、印鑑証明書など、
ここまでは車の売却に必要な書類と同じです。

 

新車を購入した場合はその他、
自動車保管場所証明書(車庫証明書)、保管場所の所在図・配置図、
を用意します。

 

駐車場を借りている方は保管場所使用承諾証明書、
自宅に駐車場がある方は保管場所使用権原疎明書面(自認書)が必要です。

愛車を買取業者に高値で査定してもらうためには

長年乗ってきた愛車は、できれば高く売ってやりたいと思うものです。
そこで、買取業者に高値で査定してもらうためのコツをご紹介します。

 

最初は買取か下取りか、ですが、ディーラーで下取り価格を教えてもらえるようだったら聞いておきましょう。

 

下取りよりも買取のほうが高値であるのがほとんどですので、
売却する価格の最低限を知ることができます。

 

買取業者は複数利用するほうが、買取価格を比較しやすいです。
ですので、無料一括査定サイトを活用しましょう。
一括査定サイトならば、1回の査定依頼で複数の業者から価格を聞けるので、
比較するのに丁度いいです。

 

買取業者は最低でも2社、できれば5社以上の買取金額を聞いておくと、
高値が出やすくなります。

 

愛車の査定に無料出張査定をお願いして、
買取業者の査定士・営業マンが少しずつかぶるような日付と時間帯にしておくのです。

 

すると買取業者が他の業者に負けたくないが為に、
高値で査定してもらえる可能性が高まります。

 

査定の際は買取業者に競合してもらい、決して即決成約はせず、
買取価格がもっと高値になるようにしましょう。

 

高値で査定してもらうには、地道に車のメンテナンスを行ったり、
車の状態を良い状態に保つようにすることも大事です。

ホーム RSS購読 サイトマップ